インターネット準備

新居に引越しする場合、考えておかなければならないのがインターネット回線(プロバイダー)です。

インターネットは使えて当然、コンセントを入れればネットも使えるくらいに思っていた私は、引っ越しにまつわる手続きを主人にお任せだったため、忙しくて、私と同じように見通しが甘い主人は引っ越し後に手続きを始めたようなので、引っ越し後いろいろ調べたいときに3週間もインターネットが使えないことに。。。

そんなことにならないように、インターネットのお引っ越しはお早めにしましょう。引越し先の環境によっては今までのプロバイダが使えなかったり、もっといいプランに乗り換えることができたりしますので、忙しいとは思いますが、一度設定しちゃうと変更は億劫なので、引越を機会にプロバイダを見直してみましょう!!

契約しているプロバイダーを引き続き利用したい場合は、

まず、引越しが決まったら、現在ご利用のインターネットプロバイダに連絡して手続きを行いましょう。手続き方法は各プロバイダによって若干違うと思いますので、ホームページで引越しの際の手続き方法を確認しておきましょう。

手続きを行う際には以下のことを確認しておきましょう。
・引っ越し先で同じ接続サービスを利用できるか?→プロバイダーHPで引っ越し先電話番号や郵便番号を入力すると利用できるサービスが表示されます。
・現在の住所でいつまでインターネットを利用できるのか?
・引越し先でいつからインターネットが利用できるのか?
・回線速度はどれほど出るのか?
・モデムなどをレンタルしている場合の返却方法や受け取り方法は?

インターネット準備

□プロバイダを選びましょう。プロバイダを選ぶポイントは

1.プロバイダ事業を運営する会社が信頼できるところかどうか?
2.自分の住んでいる地域の近くにアクセスポイント(電話の接続地点)があるか
 ADSLでもアクセスポイントが近ければ光より早い場合もあります。ADSLの場合は特にNTTのアクセスポイントに近いほうが速度が安定します。
3.料金体系が自分のインターネット・ライフに合っていること
 料金比較は月単位の比較ではなく1年単位の比較にしましょう。プロバイダによってはかなりサービスや料金が異なります。
4. プロバイダの回線の種類や速度が、自分のパソコン環境と一致しており、接続状態も良好かどうか
5.サポートや個人ホームページサービスなど、付加的なサービスが充実しているかどうか ?
初心者にとってうれしいサービスとはサポート体制がしっかりしていることだと思います。わからないことがあってサポートに電話をしてもなかなかつながらないってことがあります。30分以上も待つことになる会社もありますので契約時の問い合わせなどで迅速な対応をしてくれるかを判断しましょう。尚、メールなどでの問い合わせもすぐに返答が来るのが良いでしょう。

□プロバイダーを決めましょう

ネット詳しい方は、いろいろな選択肢があると思いますが、私のような初心者&一般人には、安いも大切ですが、サービスがしっかりしている・人気がある・セキュリティがしっかりしている等が大切ではないでしょうか?頼りになる友達や知り合いと一緒もうれしいポイントです。

また、引越しが多い方は実はADSLがお勧めです。光ファイバーの移転手続きには2~3週間はかかるので、光よりもADSLが早く開通できますし、今度の引越時にも手軽に変更できます。

あと早く開通する裏技としてはADSL、光も含め、複数社で同時申し込み、早く開通したとこると契約し、後はキャンセルするというやり方です。プロバイダの中には、光がつながるまでADSLを無料でつなげてくれる会社もあるようです。

□ADSLと光ファイバーのメリット・デメリット

【ADSLメリット】

・電話回線を利用するので利用開始までが早い

・光ファイバーに比べて安い

・広い地域で利用できる

【ADSLデメリット】
・NTT収容局から離れていると速度が低下する

・通信速度が光ファイバーより遅い

【光ファイバーメリット】

・NTT収容局からの距離の影響を受けない

・通信速度が高速

・光ファイバーの場合には、同じマンション内での利用者数が多ければ多いほど、料金が安くなる。

【光ファイバーデメリット】

利用開始までの日にちが長い(1ヶ月~3ヶ月程度)

・ADSLに比べて、料金が高い(特に一戸建てタイプ)

・マンションで新規に利用する場合、ハードルが高い

・ADSLのように簡単に乗換えができない

・マンションに新規に光ファイバーを引き込む場合ハードルが高い

です

最後に私のお勧めは
BIGLOBE光パックNeo with フレッツ です。

大手だし、サポート体制もしっかりしています。家族のアドレスも魅力ですね。